So-net無料ブログ作成

渡辺謙登場に会場どよめく

[シネマトゥデイ] 
17日、有楽町の東京国際フォーラムにて映画『沈まぬ太陽』の完成披露試写会が行われ、若松節朗監督、出演者の三浦友和、鈴木京香、松雪泰子、石坂浩二、そして中継回線を使用して、ロサンゼルスから主演の渡辺謙がスクリーン上に登場した。

ゲストらが舞台に登場すると、その後ろに大きなスクリーンが下りてきた。そこに現在、ハリウッドでレオナルド・ディカプリオとSF映画『インセプション』を撮影中の渡辺と衛星中継がつながっていることが司会者より告げられると、会場内からどよめきが起こった。スクリーンに登場した渡辺は、原作者の山崎豊子に出演を直談判するほどに思い入れが強かった本作だけに、「そちらに行きたかったのですが、こちらの撮影が佳境に入ってしまい、帰国することができなくなりました。本当にごめんなさい」と回線越しに無念さをにじませた。「ただ、文明の利器のおかげで、こうやって同じ時間を共有することができました。遠くからではありますが、こうやって参加できたことをとてもうれしく思います」と話すと、場内からは盛大な拍手が沸き起こった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。