So-net無料ブログ作成

マイケル・ジャクソン、警察が主治医を事情聴取

マイケル・ジャクソンの死因をめぐり、LA警察がマイケルと同居していたプライベート・ドクター(専属医)を事情聴取した。この医師ドクター・マリーはマイケルが自宅で倒れたとき一緒にいたとみられている。

警察はすでにマイケルの死に犯罪行為がからむ証拠はないと発表しており、ドクター・マーレイの弁護士も彼は容疑者として事情聴取されているわけではないと主張してる。マイケルは、ドクター・マリーから鎮痛剤を注射された直後に意識を失ったとの噂もあり、警察は死因を特定するため、医師から話を聞いたものとみられる。警察は、事情聴取以前にマイケルの自宅駐車場から医師の車を押収していた。
記事元URL

マイケルさんは、過去の怪我や整形後の後遺症等の痛みを和らげる為に色々な種類の薬を常用していたらしいですね。

マイケルさんがどのような薬を服用していたのかは明らかにされておらず、死因特定にはまだまだ時間がかかるものとされている。
無料出会い
逆援

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。