So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

のりピー裁判、傍聴席20席に対して6615人!不正行為をするバカや迷って整理券を貰えない夫婦、損をした会社などてんやわんや

覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われた
女優・酒井法子(本名・高相法子)被告(38)=保釈中=の
初公判が26日、東京地裁425法廷(村山浩昭裁判官)で開かれた。

酒井被告の傍聴希望者は、一般割り当て20席に対して6615人。
傍聴希望者の人数では96年のオウム真理教の松本智津夫死刑囚(54)の
初公判の1万2292人に次ぐ歴代2位だったが、倍率は過去最高の約330倍となった。

整理券交付場所の日比谷公園は雨の中、混乱が相次いだ。

今回はリストバンド方式で、当選番号の発表まで
並び続けなくていいというメリットがあったが、これが裏目に出た。

右手にバンドを巻いた後、もう一度並んで左手に巻く不正が発覚。
片腕に2枚ずつ計4枚を着ける人もいた。地裁は「交付場所で
チェックしていたはずですが…」と釈明した。

雨にもかかわらず行列は午前10時半すぎからピークを迎え、公園の外に
約300メートル延びた。公園内は決められた場所でしか並ばせることが
できないという。「最後尾」のプラカードを持つ職員が何度か場所を変えたため
「どこに並べばいいか分からない」と不満が噴出。

11時の締め切り間際には別の職員から「ロスタイムはありません!」の非情な声。
埼玉県から来た男性(33)は、車いすの妻(33)と11時前に到着したが公園内で
迷い整理券を受け取れず。夫妻は「誘導してもらえなかった。ひどい」と憤った。

お宝傍聴券をゲットするため“並び代行業者”も現れた。映画のエキストラやテレビ観覧者の
募集をしている、ある会社は2000人を集めて並ばせた。オウム裁判では延べ5000人を
動員し、当選した実績があったという。この日は当選発表まで公園内に2000人も待機させ、
スタッフが一人ひとりチェックしたが、なんと当たりはゼロ。

並んだ人によると、謝礼は現金払いで1500円、振り込みで2000円。
当選者には1万~3万円が支払われる予定だったという。

同社は「今回は赤字? 会社としてはそうです」とがっくり肩を落としていた。

ヒマな人たち:
http://hochi.yomiuri.co.jp/photo/20091026-618539-1-L.jpg

ゴミ過ぎわろた
仕事もせずにこんな事ばっかして、こいつら死ねばよかったのに
nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。